2021年5月7日

リモートワーク

リモートワーク

常時稼働するボーダレスなデジタルワークスペース
を構築し事業継続性を確保

リモートワークを導入するメリット

ease-of-access
increased-productivity
mobility
reduced-costs
事業継続性

パンデミックや自然災害が発生
しても、通常通りのビジネスを
継続することができます。
シームレスな生産性

従業員がすぐに自宅から
オフィスのPCや社内の
業務アプリケーションへの
アクセスを実現します。
BYOD対応

デバイスやネットワークを選ばず、
自宅で仕事ができる柔軟性を
提供することで、生産性の向上と
業務の俊敏性を実現します。
コストパフォーマンス

アプリやデータを一元的に配置する
ことで、ITインフラやメンテナンス
コストを最適化します。
また、オフィスの維持費も削減できます。

最適なAccops製品

エンドユーザコンピューティング
の仮想化
HyWorks →

ゼロトラスト
アクセスゲートウェイ
HySecure →

IDとアクセス管理

HyID →

バーチャルオフィス

Accops with AVD →

機能

read-only-file-system
zero-trust-based-access
multi-factor-authentication
リモートアクセス

オフィスのPCや社内アプリケーション、
仮想アプリケーションおよび仮想デスクトップ
への安全なリモート接続を提供することで、
ユーザはどこからでも仕事ができます。
ゼロトラストベースのアクセス

アプリケーションレイヤでゼロトラスト
モデルに基づくリモートアクセスを
実現し、ネットワークセキュリティを
最大限に確保します。
多要素認証

複数のトークンオプション(SMS、
電子メール、モバイルアプリ、
PCソフトウェア)や生体認証による
統合された強力な認証により、強固な
セキュリティレイヤを実現します。
device-entry-control
contextual-access
detailed-audit-logs

デバイスエントリコントロール

エンドポイントのデバイスをスキャンし、
コンプライアンスに準拠したデバイスからの
アクセスのみを許可します。

状況に基づくアクセス

適切な状況下で承認されたユーザに対して
適切な企業資産へのアクセスを
許可します。

詳細な監査ログ

誰が、いつ、どこで、何にアクセスしたのか、
ユーザの行動をレポートすることで、詳細な
監査とコンプライアンスを実現します。
user-productivity-monitoring
flexiblity-in-usage
simplemanagement

生産性の管理

ログイン&ログアウト時間、アクティビティや
アプリケーション毎の使用時間等、ユーザの
生産性をモニタリングします。

BYODユーザへの対応

あらゆるビジネスアプリケーションを
保護し、個人のラップトップ、
デスクトップ、スマートフォンから
アクセスできるようにします。

シンプルな管理

インストール、アップグレード、
OSのパッチ適用等、デバイスの
完全なリモート管理により、
ITチームの負担を軽減します。

ユースケース

通常通りのビジネスを確保
世界的なパンデミックや地域的な災害の際にも、オフィスのPCや社内アプリケーションへの安全なリモートアクセスを提供することで、重要なビジネス機能を維持します。

法規制への対応
状況に応じたリスクベースのリモートアクセスをユーザに提供することで、RBI、GLBA、FFIECなどのガイドラインに準拠します。詳細な監査ログを利用して、ユーザの活動状況を把握できます。

リモートエンドポイントからのデータ漏洩防止
コンプライアンスに準拠したデバイスからのアクセスのみを許可します。データダウンロード、コピー&ペースト、スクリーンキャプチャ、スクリーン録画、印刷機能をブロックし、ユーザのインターネットアクセスを制御します。

コンプライアンスの徹底
HIPAA、EPCS、その他のデータセキュリティとプライバシーに関する規制に準拠し、強力な認証と改ざん防止のための監査証跡により、データの機密性を維持します。

安全な遠隔医療の実現
どこからでも、どんなデバイスからでも患者情報にアクセスできるようにし、エンドポイントにデータの痕跡を残すことなく、遠隔地でヘルスケアサービスを提供します。

意図的・非意図的なデータ漏洩の防止
コピー&ペースト、スクリーンキャプチャ、データダウンロード、スクリーン録画機能をブロックし、ユーザのインターネットへのアクセスを制限します。誰が、いつ、どのように、何にアクセスしたかを把握できます。

セキュアなリモートアクセスを実現
社内ネットワークを外部の脅威にさらすことなく、いつでも、どこからでも、どんなデバイスでも、関係者が安全かつシームレスにビジネスアプリケーションにアクセスできます。

BYODユーザーの対応
従業員、コンサルタント、ベンダが、セキュリティに妥協することなく、またワークフローを妨げることなく、自分の好きなデバイスを使用できます。

データ漏洩の防止
データのダウンロード、コピー&ペースト、スクリーンキャプチャ、スクリーン録画、印刷機能をブロックし、ユーザのインターネットアクセスを制御します。

セキュアなリモートアクセスを実現
あらゆるビジネスアプリケーションのセキュリティを確保し、集中管理された場所から、遠隔地の従業員やベンダにリモートアクセスを展開します。

グラフィックスワークステーションをリモートユーザへ提供
大規模なデータセットを分析し、新たな埋蔵量の発見と活用するために、グラフィックスワークステーションへのリモートアクセスを提供します。

分散したエンドポイントでのデータ漏洩防止
ユーザPCへのデータ保存、データダウンロード、コピー&ペースト、スクリーンキャプチャ、スクリーン録画をブロックします。また、インターネットへのアクセスを完全または選択的に遮断します。

事業継続性の確保
リモートユーザが自宅から個人所有のデバイスを使ってCRMやコンタクトセンターのアプリケーションに安全にアクセスし、シームレスな顧客サービスを実現します。

インターネットで高品質な音声配信
低帯域のネットワークでも機能する安全なトンネルを介して、遠隔地のコールセンターユーザに対して高品質の音声を提供します。

法規制の遵守
ログイン時間、デバイスの位置情報、デバイスの指紋などの複数のパラメータを使用して、ユーザを1つの認証されたデバイスに紐づけます。また、厳重なデータ漏洩防止を実現します。